可愛い・気持ち悪い・怖い

  • 2019.10.03 Thursday
  • 23:16

こんにちは!ミネタトモコです。

横田さんのブログに触発され、私も「大人の自由研究」をしちゃいました。

 

 

1。研究のきっかけ

 

夏に小笠原の父島に行きました。世界遺産です!

南島にも上陸!そこはヤドカリ天国!無数のヤドカリがちょこちょこ歩いていました。

山あるきツアーでは可愛いカタツムリの大行進に遭遇。

 

 

 

大人の掌サイズのアフリカマイマイや、その殻を棲家にしているオカヤドカリも発見。

 

 

でも、同じカタツムリなのに愛らしかったり気持ち悪かったり。

同じ殻を背負っているのに、可愛い!オオヤドカリと、気持ち悪い!アフリカマイマイ。

どうしてなのでしょうか?

主宰するアトリエでも、カタツムリを「可愛い!」と言う子と「気持ち悪い!」と言う子がいます。

以前から疑問に感じていたので、ちょっと考えてみます。

 

 

2。研究の方法と結果

  A_アトリエで描いた生き物と触感を分類してみる。触りたがる子が多いので触感に着目する。

 

脊椎動物  哺乳類  ふわふわ_ハムスター イヌ ネコ 

           ちくちく_ハリネズミ

      鳥類   すべすべ_セキセイインコ キジの剥製

      爬虫類  ぷにぷに_ヤモリ ミシシッピアカミミガメ(手足)

           つるつる_ミシシッピアカミミガメ(甲羅)

      両生類  ぬめぬめ_ヒキガエル オタマジャクシ 

      魚類   ぬるぬる_メダカ 

 

無脊椎動物 節足動物 昆虫類 つるつる_カブトムシ・クワガタ(背中) 

               ????_アオムシ(アゲハ幼虫)

           甲殻類 ざらざら_ザリガニ ダンゴムシ     

      軟体動物     ぶよぶよ_カタツムリ  

 

 ※わかった事

  多くの子が哺乳類、甲殻類を「可愛い」と言うが、触感と関係があると思う。

  触感が気持ち悪いと生き物に対する印象も悪くなる。

  爬虫類に対する気持ちは人によって違う。可愛い・気持ち悪い・怖い。

 

(写真は私のスケッチ)

 

  

  B_「可愛い」「気持ち悪い」と言われる生き物を理由別に分類してみる。

 

可愛い_小さい    ダンゴムシ オタマジャクシ メダカ ザリガニ(赤ちゃん) 小さいカタツムリ

   _ペット    ハムスター イヌ ネコ セキセイインコ ハリネズミ 

   _きも可愛い  ヤモリ ヒキガエル 大きいカタツムリ        

 

気持ち悪い_触感が悪い  ヒキガエル カタツムリ アオムシ(アゲハ幼虫)

 

 ※わかった事

   小さい生き物は、多くの子が「可愛い」と感じる。

   ペットとなる生き物は、人間が愛玩用に作ったものだから可愛い。

   触感が悪い生き物は気持ち悪いと感じる子が多い。

 

       

 

 C_「怖い」と感じる生き物の理由も考えてみる。

 

怖い_挟む   ザリガニ クワガタ 

  _つつく  セキセイインコ(クチバシ) カブトムシ(ツノ)

  _噛む   イヌ ミシシッピアカミミガメ 

  _刺さる  ハリネズミ

  _飛ぶ   セキセイインコ カブトムシ

 

※わかった事

攻撃される可能性のあるものを「怖い」と感じる。

人間の皮膚感覚には、触覚 圧覚 温覚 冷覚 痛覚の5つがあり、怖いと感じるのは痛覚と関係がありそう。

虫や鳥などの飛ぶ生き物を怖いと言う子もいる。近くを飛ぶ事を想像すると身の危険を感じるのかもしれない。

「怖い」は「強い」「かっこいい」に置き換えられる事が多いようだ。

 

 

4。研究を終えて

私たちは見ただけで「かわいい」「気持ち悪い」「怖い」と感じますが、触感や皮膚感覚が関係していると思います。

 

例えば。。。

 毛がフワフワしている→過去に触った時に気持ちよかった→可愛い

 表面がヌルヌルしている→腐ったものに似ている→気持ち悪い

 鋏を持っている→挟まれると痛いと想像する→怖い

 

触感は、コンピューターゲームをしたりYouTubeを見たりして遊ぶ子どもたちに、大切にして欲しい感覚です。

今後も生き物スケッチでは、色形だけではなく触感にも着目したいと思います。

 

こうして振り返ると、私は気持ち悪いものや変なものをモチーフに選ぶ傾向がありますね。

アトリエのみんな、気持ち悪がらせてごめんなさい!

 

造形アトリエ海星 https://hitode.wixsite.com/atelier

個展「Bitter Smile」9/27〜10/2_表参道OPA galleryにて行います!

  • 2019.09.19 Thursday
  • 19:06

 

イラストレーターのあらいしづかです。

 

2年ぶりの個展「Bitter Smile」を表参道のOPA galleryで行います。

あと一週間なのですが、まだまだ作品の制作はもちろん、細々とやることがいっぱい。

夏休みの宿題をギリギリまでやっている感覚。

 

作品を描きながら自問自答。

悶々と考えつつ描いております。

 

ただ、いつもはデジタルで描いている仕事のイラストですが

やっぱり手を動かしながらの作業は、うれしく楽しいもの。

 

さてさて、あと一週間。

どんな雰囲気に出来上がるか、ぜひギャラリーに来てご覧ください。

…………………………………………………………

普通に見えて、ちょっとオカシイ。
かわいく見えて、ちょっとヘン。
普通の日常も視点を変えれば、オモシロイことだらけ。


手書きの勢いのある線と単色で外国のポスターのようなスタイリッシュな雰囲気。
でも、ふっと微笑みが出るそんな光景を描いてみました。


2019年9月27日(金)〜10月2日(水)
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
27日(金)は18時〜20時オープニングパーティーあり。

みなさん、お待ちしています〜!

OPA gallery
http://opagallery.net/galllery.html

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F
表参道駅A2,A3出口徒歩5分
TEL 03-5785-2646

 

9/26〜10/2吉祥寺にじ画廊さんでグループ展やります!

  • 2019.09.16 Monday
  • 22:16

JUGEMテーマ:グループ展

 

フラーレン北海道在住メンバーのyamadama*です。

いつもは札幌の片隅で、チラシづくりやお店のホームページの制作管理をやっております。
それと、地元札幌では「まるやまものつくり舎」というグループに参加し、
数年に1回ペースでZINEを発行したり雑貨イベントに参加したりしています。
 
今回はこの「まるやまものつくり舎」有志5名によるグループ展で、東京にお邪魔いたします!
エゾの魔法使いグループ展DMエゾの魔法使いグループ展DM会場図
「エゾの魔法使い」
2019年 9月26日(木)〜10月1日(火)
12:00ー20:00(最終日は17:00まで) 

にじ画廊
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10

 
今回私は参加メンバーと最寄りのウィークリーMSを借り、会期中は基本在廊する予定。
合宿みたいでワクワクしています。

 
それと、子供が生まれてから1週間以上も家を空けるのは初めてなのでちょっとドキドキですが
これを機に家族が家事もうまく回せる様になればいいなぁとほのかに期待。
(たとえ食事が全てコンビニ飯であろうとも、せめて食器洗いと洗濯だけは頑張れ!)

 
とはいえ、作品の売り上げがないと、出展費と滞在費が回収できない厳しい現実もありますので
気に入った作品があれば是非連れて帰ってやってください〜(笑)
(私の作ったものは1,000円以下のもの多し>赤裸々でスミマセン)
以上、気取ることができないおばちゃんの告知でした。

大人なんですけど自由研究してもいいですか?

  • 2019.08.30 Friday
  • 19:40

フラーレンブログに書くのは久しぶりの横田です。

暑い日が続きましたが、このところちょっと風が涼しくなってきたような。

子どもたちの夏休みももう終わり?

でもせっかくなので、夏休みらしいことをやってみよう!と思います。

自由研究で〜〜〜す!!わ〜〜い!

 

突然ですが、活版(凸版)印刷って知っていますか?

ものすごく大ざっぱに説明すると、ハンコと同じように、凸凹した版の出っ張ったところにインキをつけて、紙に押しつけて印刷する方式ですね。

古くからある印刷方式ですが、今では営業を続けている活版印刷工場は少なくなってしまいました。

ところが、今またそれが人気が出てきています。

活版印刷で刷った物にはインキのにじみがあったり、押し付けたときの紙の凹みがあったりします。それがかえって味わいがあるというのが今どき風。レトロ感、レア感があるのも人気の理由でしょうね。

ちょうど今日から3日間、神保町で「活版TOKYO 2019」というイベントも開催されています。

ご興味のある方は行ってみると楽しめるんじゃないでしょうか。

https://kappan.tokyo

 

さて、昨年の活版TOKYOで、とっても小さい活版印刷機を買いました。

こちらのCOFFEE PAPER PRESSさんの印刷機です。コーヒー豆の樹脂版と印刷見本が付いていました。

www.coffeepaperpress.com

印刷機というより本来は型抜きや型押しに使うプレス機なのですが、これを印刷に転用しています。

ブログネタに「これでちょっと何か刷ってみようかな」と思ったんですが、自分のオリジナルの版がな〜い!

普段なら迷わず外注して版を作るところなのですが、それじゃ面白くない。

ということで今回は、印刷用の樹脂凸版を自分で作ってみたいと思います!

 

さて、そのでこぼこした版を作るのには、どうしたらいいか。

手で彫るとか、切って貼るという方法もなくはないですが、それでは印刷というより版画みたいですよね。

カッティングマシーンや3Dプリンターも、あれば使える場面でしょうけど、誰でも使えるというものじゃないので、自由研究的にはずるい感じがします。それに、うちにはありません。

自作する製版キットも販売されているようですが、それを使うのもなんだか悔しいです。

もし、スーパーや100均やホームセンターなど身近に手に入れられる材料で作れたら、自由研究っぽくて面白いですよね! 

 

ほんとにできるかな? 長くなってしまうので今日はここまで。つづきはまた今度〜〜

お仕事

  • 2019.08.13 Tuesday
  • 00:00

 

こんにちは。ルナピデザインの望月です。今回は、普段私がしている仕事の内容について、少し紹介をしてみたいと思います。

私は日頃、店頭プロモーションツールやPOP広告などをメインにお仕事をさせていただいています。
とう言うと、スーパーやドラッグストアなどで見かける、値段や商品の特徴などを手描きで記したPOP(ポップ)を
思い浮かべる方も多いと思います。
私が携わるのは、上記のような手作りの1点ものでなく、印刷・加工して商品のメーカーが提供して
店頭に置かれる量産タイプのものです。元々Point of purchase購買時点での広告の意味で、ギョーカイでは通常
POP(ピー・オー・ピー)と発音されて通用しています。
お買い物をしていて、普段あまり意識されることはないかもしれませんが、
商品が並ぶところには、ほとんど必ずと言っていいほど、こうしたツールが活用されているものです。
例えば、ドラッグストアやバラエティショップなどのコスメコーナー。
『そう言われてみれば』と、こんな感じの売り場、思い当たる方も多いと思います。
毎シーズン、いろんな会社からいろんな商品が発売されて消費されていきます。
他社のものより少しでも目立って、手に取ってもらいたい。買ってもらいたい。
そんなメーカーの願いがカタチになって、賑やかな売り場になっています。
こうしたスポット什器と言われる販売台は、テスターがあって自由に商品を試すことができる。
コスメ好きの女子にとっては楽しい空間なのではないでしょうか。
店頭で商品を魅力的に見せて、購入につなげられるような売り場やツールを作る。それもなるべくコストをかけずに!
そういうお仕事をお手伝いさせていただくことが多いです。
化粧品関係に特化しているわけではないのですが、私が女性だということもあってか、
化粧品にまつわる依頼が多いのが現状です。
立体構造を作る上での工夫や、特殊紙やフィルムといった素材の使い方、特殊印刷や加工の知識なども必要ですが、
何よりやはり、売り場の現状をよく理解していないとトンチンカンな提案になってしまうので、
ここはかなり意識して、しょっちゅう店頭を見て回るようにはしています。
最近はスマホカメラの性能が向上し、売り場の隠し撮りも楽になりました。(こっそり)
参加したコンペで他社が受注したものを店頭で見て、いろいろ思うことがあったり、
自分が携わったツールがびっくりするような使われ方をされていることに出会ったり。
日々勉強です^_^;。

「ひまつぶし絵」展を開催します!

  • 2019.07.18 Thursday
  • 15:38

せきねめぐみです。

個展開催のお知らせです。

 

いきなりですが、5月から約2ヶ月間入院していました。

入院期間中、何もせず安静に過ごすだけなんてムリ〜〜とイラストを描き始めました。

最初は院内のコンビニで買った12色のミニ色鉛筆と、アンパンマンスケッチブックから。
その後、友達や家族からの差し入れで、少しずつ画材が増え、気がつけば本気のイラスト制作に!

 

退院する時には、かなりの枚数が完成しました。

 

せっかくなので、個展を開くことにしました。

 

「ひまつぶし絵」

 

日時:7/22(月)14:00〜19:00    
    25(木)11:00〜19:00
    26(金)14:00〜17:00
    27(土)11:00〜19:00
    28(日)11:00〜17:00

 

場所:Gallery & Café Warehouse Garden
*フラーレンメンバーのギャラリーカフェです。
京王線柴崎駅北口徒歩2分
☎042-487-8056
https://warehousegarden.com/

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

家族写真への思い

  • 2019.06.20 Thursday
  • 22:24

JUGEMテーマ:写真

みずほです。

新井薬師で、フラーレンのメンバーほしわにこと「昭和な家」をはじめてそろそろ5年になります。

元々は「大人の秘密基地」を合い言葉に、昭和30年築の古民家を使っていろいろ企画しよう、という感じでしたが

大家さんの意向でそこを出なくてはならなくなり、移転するのをきっかけに

撮影と着付け教室をメインにする「スタジオ」の方向に舵を切りました。

 

振袖のレンタルや着付けができるということで、成人式の撮影が増えていたのですが

5年やってきて、「家族写真」への思い入れがかなり強くなりました。

成人式写真は本人だけがいろんなポーズで撮ることが多いようですが

「昭和な家スタジオ」では、家族写真を強くおすすめしています。

子どもの20歳の記念というのは、親にとっても子育て一段落の記念。

正装の家族写真を残す貴重な機会なんです。

そして、意外と撮れないのが家族写真。

子どもが小さいうちは行事もあり、結構撮るものですが、

思春期になり大人になると、なかなか家族一緒に写真を撮らなくなりませんか?

 

成人式に限らず、七五三も卒業式も、銀婚式や還暦祝いなども。

節目で家族写真、おすすめします。

最近は三世代を撮影させていただくこともあります。とてもいいものです。

かっちりした正装写真も撮りますが、

ロケでリラックスした写真もたくさん撮ります。

そのときの家族の雰囲気をそのまま残せるような、

将来、あのとき撮っておいてよかったなと思っていただけるような、

そんな写真を撮りたいと思っています。

基本は1日1組、愛情と手間をかけてしっかり撮ります。

 

遅ればせながらインスタ始めました! 見てくださいね。

https://www.instagram.com/showanaie/

 

7月13日(土)14日(日)

2日連続で撮影&着付けのイベントします。気軽に家族写真撮って欲しい! ということで特別価格撮影会です。

詳細はFacebookでご覧ください。

https://www.facebook.com/1955waniden/

 

「MiniーMini展」開催中

  • 2019.05.27 Monday
  • 10:59

JUGEMテーマ:グループ展

こんにちは!イラストレーターのミネタトモコです。

 

ギャラリー&カフェ「DOMOANES 」で開催中のMini-Mini展に参加しています。

墨で描いたバラの絵を8点出品。

「ミスティ・モーニング」が入口でお出迎えの役を仰せつかりました。

  (バラの品種名です)

画家Sさんの作品と並べていただき光栄です。

 

 

 

 

個性豊かな31人の作家の作品を展示販売中。

お気に入りの1点を探しにいらしてください。

なお、ギャラリー&カフェにつき、申し訳ありませんが在廊はしておりません。

 

 

 

ギャラリー&カフェ「DOMOANES 」の最寄りはJR三鷹駅。

武蔵野市西久保3−8−1

 

こちらで店内の様子を紹介していますのでご覧ください。

https://www.facebook.com/domoanes/

 

 

 

 

また、4月に「わいん場」のプチ個展にいらしてくださった皆様ありがとうございました。

御礼遅くなりましたが、楽しいひと時を過ごせた事をとても嬉しく思っています。

アドバイスを今後の制作にいかしていきます。

 

 

「わいん場」は国産ワインバーです。最寄りは京王線仙川駅。

https://www.wine-ba.com/

 

4月3日のブログで紹介していただきました。

https://www.wine-ba.com/2019/04/03/

和のイベント 大人の文化祭2019

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 22:13

こちらでご紹介させていただいた6/23のWSですが、作家の田口真理子さんの急用でキャンセルになってしまいました。

楽しみにしていただいた皆様にはお詫びいたします。

わたくしはらはお手伝い要員でしたので、田口さんのWSがなくなってしまったら参加はできなくなりました。

Colorisや和雑貨の販売も今回は見送りになりました。

今回用意した水引アクセサリーや和雑貨はまたご紹介させていただきます。

急なことで申し訳ありません。

 

-----------------------------------------------------------------------

デザイナーのはらとしこです。

先日用事があって日本橋に行きました。
用事をすませた後、ビルの1回の趣のある洒落たお店が目につき何のお店? と何気なく入ってみました。
その瞬間、正面の壁一面に大判の和紙がディズプレイされ飾られているのに目を奪われました。
微妙な色の配色といい和紙の持っている風合いも光で綺麗に感じられ、なんて素敵な空間に迷い込んでしまったのだろうと...
「日本橋 はいばら」
https://www.haibara.co.jp/

 

 

家に帰ってホームページを見たら、200年以上続く和紙屋さんだったのだと知りました。
和紙だけでなく、和小物なども扱っていて「和」が大好きなわたしは何時間でもいられると思いましたが、

いればいるほどあれもこれもと欲しくなってしまって危険。。。と(^^;
とりあえず悩みに悩んで3枚だけ和紙と千代紙を買ってきました。
また近々訪問する予定です。

 

わたし自身も和紙や水引を使った和雑貨などを作ってきました。
和紙のもつ風合いや柄がいいんですよね。
もし、生まれ変わったら和の伝統工芸に携わる仕事がしてみたいなぁ。。。なんて(笑)

 

そして最近偶然、公私共に仲良くさせていただいているマトリョーシカ作家の田口真理子さんが

「和」のイベントのワークショップに参加されるということで相談を受け、今回お手伝いさせていただくことになりました。

 

参加するイベントはこちらです。
大人の文化祭2019 6/21〜23

https://otonanofes.wixsite.com/home

 

6月23日(日)10:00〜13:30
https://otonanofes.wixsite.com/home/kokeshi-2019

 

・笑福招き猫のマトリョーシカ(こちらは予約制)
・こけしに絵付け、さらに水引を編んでストラップ作り(当日参加OK)
わたしは水引の方でお手伝いさせていただきます。
水引だけでもワークショップをされたいという方がいたら、ぽち袋などの小物などが作れるといいなぁと考えています。

 

HPを見ていただけたらわかりますが、和のイベントが盛りだくさんの3日間です。
茶杓づくり、俳句入門、つまみ細工、和菓子作り、苔玉作り、金継ぎ体験、などなど。
個人的には南京玉すだれや投扇興遊びに興味津々。。。

 

場所は京急新馬場駅北口徒歩1分
明治時代に建築された店舗兼住居だった場所がレンタルスペースにリノベーションされたそうです。
レンタルスペース「松本」
https://www.shinbamba.tokyo/rental-space.html

 

こういった場所でのワークショップは初めての体験なのでなんだかわくわくしています。
ワークショップだけでなく、和雑貨やColorisの水引アクセサリーなども置かせてもらえるようなので

お時間あったら是非遊びに来てくださいね。お待ちしています。

 

 

 

「日本橋 はいばら」さんで購入した和紙で作ってみました。

 

はらとしこ

 

旅に出る

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 22:00

JUGEMテーマ:台湾

ライターの中野です。

今日から新元号「令和」が始まりますね。

 

前回のこちらのブログからだいぶ経ってしまいましたが、最近はライティングのお仕事はほとんどやっておらず、パソコン(Windowsが主)に関する各種ご相談、操作指導などを外勤で行っています。

 

さて、今日は表題にも書いた「旅に出る」。

元々旅行は大好きでしたが、子連れではなかなか行けなくて。

都内や関東一円のエスニック料理を食べ歩く程度しかできていませんでした。

4年前にやっと息子と海外旅行に行くまでになり、アジア専門ですがちょこちょこ家を空けられるようになりました。

 

ここのところはまっているのが台湾。

雑誌で特集が組まれたり、テレビでもロケで出てきたりとここ10年くらい?行きたい国の上位に挙げられていますね。

私も海外旅行リハビリでどこ行こうという時に候補として挙げ、結果的に台北中心にしましたが、これがまたよくて。

1年間で3回出かける始末。

  

小籠包
小籠包

 

何がいいかというと、

  • 日本から3時間半程度と近い(羽田発のLCCもある)
  • 親日の人が多く、とても親切、治安が比較的良い
  • 非英語圏だが、漢字の国なので、発音できないまでも意味がわかるのでストレスが少ない
  • 食べ物がおいしい&安い
  • 公共交通機関の運賃が安い

端的に言うと、旅費も滞在費も安くて気軽で楽しいところだという、国内旅行感覚で行けるところが受けているのだと思うし、実際私も実感しました。

 

夜市
夜市

 

今まで3回の台北滞在で、日本人なら誰もが行くという「九份」も結局毎回行きましたが、最近は人がすごくてなかなか幻想的な雰囲気を満喫するには難しいそうですね。

また、山間部になるので、雨が降ることが多く、タイミングによってはちょっと階段の登り降りが大変です。
なので、快適に行くのであればタクシーチャーターなどを検討する方がいいかなと思いました。
九分
九份の夜景

昨年は受験生を二人抱えて旅行は控えていましたが、今年もまた台湾に今月末行ってきます。

今回は娘と台北から新幹線で1時間半ほど南に行った台南に行く予定です。

どのくらい回れるかわかりませんが、日本でいえば京都のような、歴史ある建物が多く残る街だそうなので、今から楽しみにしています。
今後も各地を回ってみたいと思っています。
それとともに、私のひそかな野望「インドシナ半島の各国を巡る」を少しずつ叶えていける、そんな令和にしたいと思います。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

フラーレンHOME

フラーレン

Facebookも見てね!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM