手ぬぐいプロジェクト4〜染めました!

染めるときは、ぜひ撮影をしたかったので、
村井染工場の会長さんに、染める時には教えてくださいね、とお願いしていました。

梅雨入りしちゃったから予定が立てにくいなあ、とのことだったのですが、
今朝電話があり「今日は降らなそうだから染めちゃうよ」と。
で、いってきました!



フラーレンの型がセットされてます。



白生地をきっちりたたみながら、型をおいて糊付け。



はずすときっちり柄が再現されています!
糊のついたところが染まらなくなるので、反転状態。

生地をきちんとたたみながら、これを繰り返していきます。
いまさらながら、ひとつひとつが手作りなんですね・・・
これ、かなり訓練がいりそうです。



染めの道具です。
色は、一回一回調合します。
今回お願いしている紫やピンクは、調合が難しいそうです。



糊で土手をつくって染料を流し込みます。
足でポンプを押して、下から吸い込んで全体に染料をいきわたらせます。
両面染めなので、両方から染料を入れます。



熟練の職人さんは手早いけれど、とても丁寧です。
ふちのところもきちんと染まるよう、筆を使っていたり、



ばれん? みたいなもので色をなじませたり。



染め分けの方は、糊で防染した上に、金属の棒を使っていました。



染めあがりました! 糊のところが生成りみたいな色になっています。



しばらく色をなじませて、



機械を使って糊おとし。
昔は竿を使って川の中で糊おとししたそうで、それが熟練を要したそうです。
今は機械がある・・・とはいえ、かけたりはずしたり、様子をみたり、結構手がかかっています。



すすぎも手作業。
村井染工場は、若い女性の職人さんが多くて驚きました。
結構重労働なのですが。
どうしてもこの仕事をしたい、といって入ってくる方ばかりだそうです。
わかるような気がする。



脱水機にかけて、干しです!
2人1組で、上からロープをおろし、下から手ぬぐいをひっかけ、手でのばしていきます。



高い台の上で作業しているのも女性職人さん。



実はあとで、のぼらせていただいちゃいました。
高い〜
ぼんやり見えるのはスカイツリーです。
私は手すりにつかまったままでしたが、職人さんたちはこの台の上を
どんどん歩きます。





フラーレンの手ぬぐい、できました!!
村井染工場の皆さん、本当にありがとうございました。

この手ぬぐい、6月いっぱい販売をします。お手元に届くのは7月頭です。
ぜひよろしくお願いいたします。

by みずほ(伝)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

フラーレンHOME

フラーレン

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

復興支援プロジェクト2014

Facebookも見てね!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM